善玉菌とオリゴ糖の相乗効果

オリゴ糖は善玉菌のエサになります。善玉菌を活発にするためには、オリゴ糖とあわせて摂取するといいでしょう。善玉菌はヨーグルトに多く含まれています。ヨーグルトにオリゴ糖を加えて摂ることで、腸によい働きかけを望むことができます。

その他には、納豆や味噌、キムチといった発酵食品にも善玉菌がふくまれています。また、植物性の乳酸菌飲料も効果があります。これも手軽に摂取することができます。これらのことから、食事に善玉菌を含む食品が使われていることが多いため、オリゴ糖も料理に使ったりして一緒に摂取するのがよいです。

また、オリゴ糖を含んでいいる食材を積極的に摂取するのも腸内環境を改善してくれるのでおすすめです。例えば、バナナや大豆やはちみつ、ネギ、玉ねぎ、ごぼう、にんにくなどです。そして、寝る前にオリゴ糖を摂取するのも便秘を改善するのによいとされています。しかし、その人の体質によっては寝る前に摂取しても全く効果がでない場合もあります。その場合は、オリゴ糖を摂取する時間をいろいろ変えてみることです。そうすると効果を実感することができます。

オリゴ糖の注意点

そんな体にとてもよいオリゴ糖ですが、オリゴ糖を摂取する際の注意点があります。まず、オリゴ糖は善玉菌がいる環境で初めて効果を発揮します。そのため、少しでも腸内に善玉菌がいればよいのですが、いなければビフィズス菌など善玉菌を一緒に摂取しなければなりません。その人の体調や体質にもよりますが、一気に大量に摂取すると下痢や腹痛などを引き起こしてしまうため、気を付けなければなりません。

オリゴ糖自体は体によいもののため、副作用はお腹が緩くなる程度です。しかし、その他に注意しないといけないことがあります。それは、オリゴ糖の中に含まれている添加物やオリゴ糖以外の糖です。添加物は、酸化防止剤や保存料、香料です。これらは体にあまりよくない添加物です。

また、オリゴ糖以外の糖にも気を付けなくてはいけません。それは人工甘味料や砂糖です。オリゴ糖よりも砂糖の方が多く含まれていると先に胃で吸収されてしまうため、血糖値の上昇に繋がってしまいます。すると、血糖値を気にしている人にとっては普通の砂糖をとっているのと変わらず、結果として意味のないものとなってしまいます。胃で吸収されて脂肪になってしまうので、ダイエットにも意味がありません。そのため、オリゴ糖を購入する際には何が含まれているのかを注意して見ておく必要があります。

オリゴ糖が持つ効果

オリゴ糖が持つ効果はたくさんあります。まず血糖値の上昇を抑え、ダイエットの効果があります。他の糖類は胃や腸で消化や吸収されるのですが、オリゴ糖は腸でしか吸収されません。そのため血糖値が急に上がることがほとんどなくなり、脂肪になりにくくなります。そして、一般の砂糖に比べてカロリーもかなり低めです。そのため、血糖値が気になる人や糖尿病、ダイエットをしている人に最適です。

次に、便秘を解消する効果があります。腸内には善玉菌と悪玉菌がいます。しかし毎日の生活習慣で腸内バランスが崩れ、悪玉菌が増えてしまうことがあります。悪玉菌は有害物質を出すので腸内のバランスが崩れてしまいます。すると便秘になってしまいます。そんな時にオリゴ糖を摂取するとオリゴ糖は腸で吸収されるので、胃で吸収されることなく腸まで届きます。そして、オリゴ糖は善玉菌のエサとなるので、どんどん善玉菌を増やしてくれて腸内環境を整えてくれます。その結果便秘解消になります。そのため、善玉菌がたくさん含まれているヨーグルトと一緒に摂取するとより高い効果がみられます。

また、アトピー性皮膚炎の原因となるものを抑えてくれる働きもあります。体に優しい食材ですので、すすんで摂取すと良いでしょう。

オリゴ糖って何?

オリゴ糖は糖類で、数個の単糖が結合したものをいいます。この単糖は糖の中でも一番小さい糖で、この糖の他にもブドウ糖や果糖などがあります。単糖の他には、麦芽糖や蔗糖など二つが結合した二糖類や、マルゴオリゴ糖の三糖類、そして四糖類があります。

そしてオリゴ糖のオリゴはギリシャ語で少ないという意味で、オリゴ糖の別名が小類糖と言われています。オリゴ糖は昔、母乳の中から発見された成分でした。また、特定保健用食品に認定されているので、さまざまな食品に使用されています。

オリゴ糖には、お腹の調子を整えてくれ、大腸がんの予防、アトピーの改善、虫歯予防、免疫力を高める、血糖値の上昇を防ぐ、ダイエットに効果があるなど、さまざまなよい効果があります。しかも、副作用がないということで近年注目を集めている食品です。カロリーも他の砂糖に比べてかなり低めで、この糖のほとんどが食品などに入っている天然成分ですので、安心して妊婦さんや赤ちゃんも食べることができます。そしてこの糖には、天然のオリゴ糖と合成成分からできているオリゴ糖の二種類があり、この二種類が店頭で売られています。

また、オリゴ糖にはいくつかの種類があります。まず、小腸で吸収される消化性のものと、大腸まで消化されずに届く難消化性のものとあります。種類によって甘さや効果も変わってきます。そして難消化性のオリゴ糖は6種類あります。どちらも腸内環境をよくしてくれるものです。