オリゴ糖って何?

オリゴ糖は糖類で、数個の単糖が結合したものをいいます。この単糖は糖の中でも一番小さい糖で、この糖の他にもブドウ糖や果糖などがあります。単糖の他には、麦芽糖や蔗糖など二つが結合した二糖類や、マルゴオリゴ糖の三糖類、そして四糖類があります。

そしてオリゴ糖のオリゴはギリシャ語で少ないという意味で、オリゴ糖の別名が小類糖と言われています。オリゴ糖は昔、母乳の中から発見された成分でした。また、特定保健用食品に認定されているので、さまざまな食品に使用されています。

オリゴ糖には、お腹の調子を整えてくれ、大腸がんの予防、アトピーの改善、虫歯予防、免疫力を高める、血糖値の上昇を防ぐ、ダイエットに効果があるなど、さまざまなよい効果があります。しかも、副作用がないということで近年注目を集めている食品です。カロリーも他の砂糖に比べてかなり低めで、この糖のほとんどが食品などに入っている天然成分ですので、安心して妊婦さんや赤ちゃんも食べることができます。そしてこの糖には、天然のオリゴ糖と合成成分からできているオリゴ糖の二種類があり、この二種類が店頭で売られています。

また、オリゴ糖にはいくつかの種類があります。まず、小腸で吸収される消化性のものと、大腸まで消化されずに届く難消化性のものとあります。種類によって甘さや効果も変わってきます。そして難消化性のオリゴ糖は6種類あります。どちらも腸内環境をよくしてくれるものです。