善玉菌とオリゴ糖の相乗効果

オリゴ糖は善玉菌のエサになります。善玉菌を活発にするためには、オリゴ糖とあわせて摂取するといいでしょう。善玉菌はヨーグルトに多く含まれています。ヨーグルトにオリゴ糖を加えて摂ることで、腸によい働きかけを望むことができます。

その他には、納豆や味噌、キムチといった発酵食品にも善玉菌がふくまれています。また、植物性の乳酸菌飲料も効果があります。これも手軽に摂取することができます。これらのことから、食事に善玉菌を含む食品が使われていることが多いため、オリゴ糖も料理に使ったりして一緒に摂取するのがよいです。

また、オリゴ糖を含んでいいる食材を積極的に摂取するのも腸内環境を改善してくれるのでおすすめです。例えば、バナナや大豆やはちみつ、ネギ、玉ねぎ、ごぼう、にんにくなどです。そして、寝る前にオリゴ糖を摂取するのも便秘を改善するのによいとされています。しかし、その人の体質によっては寝る前に摂取しても全く効果がでない場合もあります。その場合は、オリゴ糖を摂取する時間をいろいろ変えてみることです。そうすると効果を実感することができます。